初心者におすすめのFX口座ベスト3!

FX

FXって結局は大儲けするか大損するかの

ギャンブルなんだよね??

そんなこわいイメージありませんか?

たしかにFXにはリスクが存在します。

何も考えずに「儲かる」ということだけを鵜呑みにして取引すればほぼ確実に負けます。

でもやり方によっては稼ぐこともできます。

今回は

  • FXをはじめてみたいけどどの口座がいいか?

迷っている人に向けておすすめの口座を紹介します。

スポンサーリンク

初心者におすすめの投資(FX)

マネースクエアジャパン(トラリピ)

まずFXの自動売買でおすすめはトラリピ。

最初にどの通貨をいくらで買って(売って)いくらで売る(買う)というリピートイフダン設定をすれば、決済後に再注文を自動でリピートしてくれるシステムです。

口座開設するとトラリピ試算表が使えるようになるので事前のシミュレーションを行うことができます。

「決済トレール機能」を使えばトレンド相場の時に自動で利益幅を広げてくれるので大きく利益を伸ばすことも期待できます。

【MSJ】FX自動売買トラリピとは?はじめ方を図解説明。
「トラリピ」って聞いたことありますか? これはMSJ(マネースエアジャパン)が特許を取っているFXのシステムで簡単な設定をするだけで自動でポジション取り→決済→再設定→決済(以下同様)してくれるものです。 とりっ...

FXプライムbyGMO

この口座では2通貨のスワップ差益を取る(サヤ取り)ができます。

ポーランドズロチ(買い)をユーロ(売り)を4.3:1で持つ方法です。

この2通貨はチャートを重ねあわせてみるとわかるんですが動きがすごく似ているんですよね。

私は現在20万円で1セット購入しています。

日々少しづつスワップが貯まっていっていい感じ。

通常、サヤ取りはAの会社で売り&Bの会社で買いなど別々の会社で購入することが多く、管理が面倒なのですがこの通貨ペアは1つの口座で管理することができるのもおすすめポイントです。

2019年1月の為替変動の際にも何事もなかったかのように同じ動きをしていたのでロスカットなどとは無縁でした。

【FXプライム】FXスワップさや取りとは?はじめ方を図解説明。
現在、ポーランドズロチとユーロでスワップのサヤ取りをしています。 これはFXプライムbyGMOで2通貨を売買同時に持つことで為替変動のリスクを下げながらスワップを受け取る投資方法です。 とりっち うまくいけ...

SBI FXトレード

特徴は何といっても1通貨から取引できること。

必要通貨数が少ないということは少ない資金で取引ができるということ。

FXの裁量トレードの練習にも最適です。

やっぱりデモでやるのと実際お金を入金してやるのは違いますからね。

また、IFDという注文方法を使って「手動トラリピ」もできます。

再設定の手間はかかりますが、本家トラリピに比べて利益額アップが期待できます。(スワップが高い、スプレッドが狭いため)

【SBI FXトレード】FX手動トラリピとは?はじめ方を図解説明。
「手動トラリピ」って聞いたことありますか? これはFX口座を使って手動でトラリピを再現する手法です。 とりっち ちょっと手間はかかるけど収益面でメリットもあります。 多少手間がかかってもFXの...

また、SBI FXでは通常のトレード口座以外に、積立FXの口座も使えます。

積立FXは「通貨」「予算」「レバレッジ」「購入頻度」を設定するだけで自動的に通貨を購入してくれます。

高い時は少なく。安い時は多く積立。

レバレッジ1にすれば外貨預金のような使い方もできます。

外貨預金に比べてのメリットは手数料が圧倒的に安い!

相場が上がっても下がっても淡々と積み立てていってくれます。

高金利通貨を選べばスワップも期待できます。

【SBI FXトレード】積立FXでスワップ運用・はじめ方を図解説明。
「積立FX」って聞いたことありますか? これはFX口座を使って自動で外貨の積み立てをしてくれる便利な機能です。 個人的には結構おすすめなのですが、知らない人からすれば「FX」と聞くと「あやしい」「損しそう」などマイナスのイメージ...

ちいさくはじめてみよう!

まずはちいさくはじめてみる、そして事前にルールを決めてその通りに取引すること。

この2つを守れば一気に全財産失うことはないでしょう。

結局、人間は感情が入ると適切な売買ができなくなります。(経験済)

事前にリスクを十分に検討した後は、ほったらかしするのが精神的に楽。

そもそも子育てママさんはパソコンやスマホに貼り付くわけにもいかないですしね。

私も通常時は時々口座の状況を確認するくらいです。

そしてFXを実際やってみてわかったことは、設定の仕方によってハイリスクにもローリスクにもできるということ。

リスクを取ればリターンも期待できますが、相場が急変した時に資産を失いやすい。

思った方向と違う動きをしてドキドキして生活に支障が出るようではリスク取りすぎです。

はじめる前に一呼吸おいて想像してみましょう。

まずは小さく初めてみて、その方法が自分に合っているのかをみて、そこから規模を広げるなどしていきましょう。

身の丈以上のリスクを取らないようにしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました